レイキアチューメント  ai(あい)メンタルサポート
 

用語解説 ・ レイキの発祥
 
 
 
 レイキとは
 古代チベットを起源とするリラクゼーションの為のハンドヒーリング法です。
 宇宙に偏在するエネルギーを利用して心身を癒し、私達の自己成長を優しく
 そしてパワフルにサポートしてくれます。
 
 戦前の日本も今と同じように様々な健康法、民間療法が盛んに行われていました。
 数ある健康法の中で最もポピュラーだったものの一つのが『手当て療法』でした。
 その手当て療法の中心的な役割を果たしていたのが、レイキの啓祖である 
 臼井甕男(うすいみかお)師でした。
 
 臼井師は『手当て療法』を施術する傍ら、生命エネルギーを探求し続けました。
 そしてサンスクリット語で書かれた経典の中に、万人に扱える宇宙生命エネルギーを
 活性化し、活用するヒントを発見しました。
 
 そして、その方法をより明確にする為、厳しい断食と瞑想の修行を京都の鞍馬山で
 行い、ついにその方法を会得しました。この方法は後に「臼井靈氣療法」又は
 「臼井式レイキ」と呼ばれる様になります。
 
 その後、レイキはその効果もあり大変な広がりを見せたと言われています。
 また、当時他の手当て療法も盛んで、その信奉者は100万人を越えていたと
 言う事です。その中で中心にあったのが他ならぬ『臼井式靈氣』でした。
 
 なぜ、レイキはそれ程までに大衆に受け入れられたのか?
 
 それは勿論、臼井師と言う天才的なヒーラーがいて、人々にレイキの絶大なる効用を
 目の前で示したからと言うのもありますが、やはり「誰にでも習得できる」と言う
 レイキ最大の魅力があったからではないでしょうか?
 
 しかし、残念な事に隆盛を誇ったレイキも戦後はいつの間にか消えてしまいました。
 日本の伝統的な物は「古臭いもの」と言って捨て去り、アメリカの新しい文化こそが
 素晴らしいものと言う、拝米棄日的な考えが日本を席巻して、手当て療法も
 ほんの一部を残して忘れられていきました。
 
 
 さて、日本ではこの様でしたがレイキが完全に忘れられる事は有りませんでした。
 1935年にハワイ在住の日系人、ハワヨ タカタ女史が多臓器疾患の療養の為来日し
 大きな手術を控えていましたが、直前に手術を拒否。医師からレイキの事を聞き
 レイキによる手当て療法を受けました。
 
 施術を行ったのが臼井師の死後二代目の継承者となった林忠次郎師でした。
 重篤だったはずのハワヨ タカタ女史は、なんと健康を取り戻しその絶大な効果を
 実感した女史はレイキを学びレイキマスターとなりました。
 
 1938年頃からハワイでレイキの施術を行い、やがてアメリカ本土からカナダへ
 そしてヨーロッパへとレイキは広がっていきました。その勢いは15年で100万人を
 越えたと言われています。
 
 そしてこの日本ですが、その後1980年代の前半に逆輸入の形で伝わって来ました。
 当初は現在のサードディグリーは秘伝扱いで一般には伝授されていませんでしたが
 1990年代の中頃から一般にも伝授されるようになりました。
 
 海外では医師が評価してその効果を絶賛する声も多数有ります。また、心理療法を
 はじめとするセラピスト達もレイキの効果を賞賛し取り入れています。
 また国内でも、カイロや整体等の代替療法と併用している先生も少なくありません。
 
 私の心理療法の先生もレイキティーチャーでした。その先生曰く
 「レイキのリラクゼーション効果は絶大です。レイキを行うと催眠状態に導くのは
  さ程難しい事ではないです。ただ私は普段は使いません。何故なら簡単に
 催眠誘導ができてしまうので、言葉による誘導が下手になるのが怖いからです」 
 とまで言っています。
 
 ただ、残念ながら我が国の医師達は、まだレイキについて表立って評価はしません。
 レイキについての論理的な説明や証明がされて無いからだそうです。
 
 まぁ、先生方のおっしゃる事も解らないでもないですけどね・・・。
 チベットが原点とは言え、レイキは日本が発祥なのに少し淋しいなと思って
 しまいますね。
 
  ※注1
    林忠次郎師を2代目継承者と記しましたが、臼井霊気療法学会 二代目会長は
    牛田従三郎師です。牛田先生の流れは海外に伝わる事はなく、伝統的霊気
    として受け継がれました。
 
  ※注2
    また、ここではレイキの発祥といかに海外に伝わったかを思いっ切り簡潔に
    ご紹介したものです。
 
  レイキの団体の中にはチベット発祥説に異論を唱えている団体もありますが、
  私は私が学んだラディアンス系のセミナーで先生に教えて頂いた通りにここに
  記しました。
 
 人物参照
 
      臼井 甕男(ウスイ ミカオ)     1865〜1926
      臼井霊気療法学会 初代会長 レイキの啓祖
 
      林 忠次郎(ハヤシチュウジロウ) 1879〜1940
      臼井先生の直弟子。臼井先生の死後もレイキの普及と手当て療法に尽力
      直伝靈氣は林先生の直弟子であった高橋千代子先生からの流れです。
 
      高田ハワヨ(タカタハワヨ)      1900〜1980 
      レイキをハワイに持ち帰り海外にレイキを広めた立役者。自身は伝授を
      積極的には行わずヒーリングに重点を置く。数少ない高弟達がレイキを
      後に大いに広めた。
 
 
 
                    

 HOME  レイキ講座 レイキヒーリングチャクラクリーニングボディ&エナジー
各種料金|  お問い合わせお申し込み  必ずお読み下さい   アクセス  
 プロフィール   当サイトについて 個人情報の取り扱いについて | 
 サイトマップ   リンク